まどか荒浜
福幸だるま ~「何度でも起き上がる」復興の願いを込めて~
掲載日:2017年12月12日
ブックレット番号:1 事例番号:13
宮城県仙台市/平成24年3月現在

 

ポイント

  • (1)仲間と集い、今までどおりの生活をできるだけ送るため、事業を継続した。
  • (2)元の事業所は使えず、今までと同じ作業ができなくても、違う場所で事業を再開した。

 

あらまし

  • 知的障害者の就労支援事業施設の「まどか荒浜」は、東日本大震災の直後、送迎車で避難して、ギリギリのところで利用者は全員が無事でしたが、建物は使えなくなりました。
    震災の3日後、「今までどおりの生活をできるだけ送ることが大切」と、職員が集まり、事業を継続する方針を決めました。仙台市内の障害者支援を行なっている「仙台ワークキャンパス」の一角を借り作業を再開。今までと同じ作業はできませんが、想いをこめて「福幸(ふっこう)だるま」を作っています。

 

取材先
名称
まどか荒浜
概要
社会福祉法人 円
URL:http://madoka4371.com/
タグ
関連特設ページ