NPO法人Jin「南相馬市サラダ農園」
障害者とともに無農薬野菜づくり ~ふるさとの景色をもう一度~
掲載日:2017年12月15日
ブックレット番号:2 事例番号:27
福島県南相馬市/平成25年3月現在

 

ポイント

  • (1)震災前の事業が休止してしまっても、今必要なニーズに応える支援に取組み続けた。
  • (2)復興に向けたビジョンを持つとともに、その実現への具体的な行動を一つずつすすめていった。
  • (3)長期化する避難生活で先行きが見えない中、その先行きを形にして見せる取組みをした。

 

あらまし

  • 東日本大震災と原発事故に伴い、全町避難となった福島県浪江町のNPO法人Jinは、それまでの高齢者、障害者、児童を対象とした通所事業所を休止しましたが、避難先でサポートセンターを運営して仮設住宅で暮らす浪江町民を支援してきました。その一方、Jinでは、浪江町に帰ることができる日にふるさとの景色をもう一度取り戻すべく、その日に向けた第一歩として、平成24年4月、浪江町に隣接する南相馬市に「サラダ農園」を開設しました。仮設住宅で暮らす障害者5人、運営スタッフ5人で営む無農薬野菜づくりの農園で、25年4月からは就労継続A・生活介護の事業所として運営しています。栽培した野菜は、道の駅やスーパーで好評を得ました。そして、この農園をステップに、震災から2年後の日中のみに立ち入れるように避難区域が再編され次第、浪江町内にも「サラダ農園」を開設する予定です。それは、全面解除の来るべき日を産業のあるコミュニティとして迎えるための挑戦です。

 

 

取材先
名称
NPO法人Jin「南相馬市サラダ農園」
概要
NPO法人Jin
タグ
関連特設ページ